top of page
top_photo_logo.jpg
4539409_l.jpg

国政にタックル

石川維新の会、幹事長の小林誠でございます。

皆様には、平素より日本維新の会に対しましてご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

石川維新の会は、地域・地方の再生を目指し、石川になくてはならない政党として今後とも努力を続けてまいる所存でございます。皆様には、石川維新の会にご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

koubo5.jpg
アンカー 1

VIsion

日本維新の会の目指すところ

旧態依然とした政治。増え続ける国民の税負担。
この国の政治は、戦後の古い体質のままあり続けています。
真の改革を進めなければ、この国に未来はありません。
政治家のための政治をなくす。
本当に支援を必要としている人のための、
国民の皆さまのための政治に変えなければなりません。
私たちには、大阪で改革してきた実績があります。

4F6A4371_edited.png

石川維新の会

 明るい未来を拓く 

政 策

ISHIN SPIRITS

日本は、もっと強くなることができる。

日本が抱える本質的な問題を解決することができれば、
この国は再生する。


議会改革、行政改革により財源を生み出し、その財源を今一番必要とされるところに投じる。
その第一歩として議員・首長が身を切ることにより、まず政治家が覚悟を示す。
これが、私たち日本維新の会のスピリッツです。

国民の声に耳を傾け、政治家目線ではなく国民目線の立場で。
『政策提案型政党』として、以下の活動に注力します。

政策
政策01.jpg

憲法改正への取り組み

政策02.jpg

身を切る改革を
含む政治改革

政策03.jpg

徹底した行革

政策04.jpg

財政政策・制度

政策05.jpg

教育・子育て・労働・社会保障

政策06.jpg

規制改革・地方分権

政策07.jpg

外交安保

所属議員・役員

Member

member_inouehidetaka02_edited.jpg

井上 英孝

代 表

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook
shibata_takumi_edited_edited_edited.png

柴田 巧

代表代行

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook
%2525E3%252583%252597%2525E3%252583%2525

小林 誠

幹事長

  • こばやし誠公式LINE
  • Twitterの社会のアイコン
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebook
morikawa.jpg

森川 あきら

石川県政担当

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook
isogai.jpg

いそがい幸博

内灘町議会議員

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebook
ohnishi.jpg

大西かつとし

金沢市政担当

  • こばやし誠公式LINE
  • Twitterの社会のアイコン
所属議員
4539409_l.jpg
代表挨拶
about_b_edited.png

代表メッセージ

日本維新の会 代表 馬場 伸幸

日本維新の会は、「自立する個人」、「自立する地域」、「自立する国家」を理念に掲げております。同時に、多様性を尊重する社会を実現させたいとも考えております。
これらの理念を実現させるため「身を切る改革」、「既得権益の打破」、「若い力の活用」を実践しています。
大阪府において、議員定数を3割削減(109→79)、議員報酬を3割カットし、役所に対して改革の覚悟を示してきました。そして役所の中の改革(公務員の天下り先である外郭団体の大幅削減、無駄な施策・事業の見直し)を断行し生まれた新たな財源で、次世代への投資(幼児教育無償化、小・中学校の給食費の無償化、塾代助成、私立高校の授業料実質無償化、大阪公立大学の入学金・授業料の実質無償化)を実現致しました。

私たちは全ての教育の無償化を実現したいと思っています。大学に進学したいのに進学できない、私立高校を断念せざるを得ないといった経済的な理由で進学を諦める子どもたちが日本から1人もいなくなるよう結果の平等ではなく、機会の平等を促進していきます。
また、子育て世代が負担に感じている教育費をなくすことで、消費を促進することができます。個人消費が伸びることで、経済成長が加速します。経済成長が税収の増加を促し、新たな財源の確保を実現します。その果実を高齢者や社会的弱者の皆様方への行政サービスに投じていきます。このサイクルを全国で活かし、再チャレンジができる社会を形成していくのです。

多様性を尊重する社会の実現に、民主主義が必要です。まずは国民投票による憲法改正です。国民主権を謳っている憲法が一度も国民投票を経ていません。昭和22年に施行された日本国憲法を今の時代にあった憲法に変えていかなければなりません。国民の意思を示すために、日本維新の会は「教育無償化」「統治機構改革」「憲